ファインディング・ドリー
映画『ファインディング・ドリー』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Finding Dory
製作国:アメリカ
製作年:2016年
日本公開日:2016年7月16日
監督:アンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★

Plot Summary

カクレクマノミのマーリンが、ナンヨウハギのドリーと共に愛する息子のニモを人間の世界から救出した冒険から1年。ある晩、ドリーは忘れていた両親との思い出を夢に見る。昔のことはおろか、ついさっき起きたことも忘れてしまう忘れん坊のドリーだが、この夢をきっかけに、忘れてしまったはずの両親を探すことを決意する。

ネタバレなし感想

簡単そうで難しい「続編」というチャレンジ

映画ビジネスにおいて「続編」というのは、世界観やキャラクターを使い回せて、なおかつ前作の人気にのっかることができる安心な商品として重宝されがちです。

しかし、企画をあげて資金を集めるうえでは安全牌なのかもしれませんが、面白い作品として評価されるものを創り上げるのは「続編」特有の難しさがあるのではないでしょうか。

下手をすれば焼きまわしのようになってしまいますし、やりすぎれば前作の良さが壊れていると反感を買いかねません。誘惑されて飛びつくと大変な目に遭う「続編の罠」です。

ストーリー創作に定評のあるあのピクサーでさえ「続編の罠」にハマってしまったというエピソードが「ピクサー流 創造するちから」という本で語られていました。ピクサーはこれまで『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『カーズ』の続編(前日譚を含む)を製作してきました。ところが、ピクサー初の続編である『トイ・ストーリー2』では脚本製作過程で、一時は完成できない危険性も持ちあがるほどの危機的な状況に陥ったようです。やはり「続編の罠」は油断できません。

鑑賞前のおすすめ PiCKUP!
↑ピクサーの裏話がたくさん知ることができる良書です。

そんなピクサーの次の続編が、2003年に公開された『ファインディング・ニモ』のその後を描く『ファインディング・ドリー』です。

気になる出来はさすがピクサーといったところ。前作のテーマをさらに掘り下げた、しっかりしたストーリーが練られた正統な続編に出来上がっています。

主人公は前作で主人公のカクレクマノミのマーリンと一緒に冒険するパートナーだったドリー。

少し前の出来事を記憶できない(健忘症というらしい)変わったキャラのドリーは確かに他にはないユニークさがありました。ドリーは、子どもを信じることができなかったがために離れ離れになってしまったマーリンに「変わるきっかけ」を与えます。いわゆるお騒がせキャラのように見えて、実はメンターとしての役割を担う存在で、これ自体珍しくないですが、前述の特徴ゆえに印象に残りやすいキャラでした。

一方、ドリー自身のバックボーンは語られておらず、成長の可能性を残していました。しかも、このドリーはピクサー作品の中でも人気キャラクターだそうで、だからこその今回の主役抜擢なのでしょう。

基本的に前作を見ておかないとついていけないシーンはないのですが、エンドクレジット後のおまけ映像だけは、前作を見ておかないとわからないので注意です。

ピクサーは『カーズ3』、『トイ・ストーリー4』、『Mr.インクレディブル 2』と今後も続編ラッシュが続くようですが、期待高まります。





↓ここからネタバレが含まれます↓




ネタバレあり感想

普通に続編を作れる凄さ

まず、本作の感想を語る前に、同時上映の短編『ひな鳥の冒険』について触れておきたいと思います。この短編、非常に良かったです。何が良いのかというと、『ファインディング・ドリー』は水中というある種の異世界で繰り広げられる物語なわけです。当然、子どもの中には水や海が怖いという子もいるでしょう。そんな子どもに向けて「水や海は怖くないんだよ」と優しく伝えるこの短編は、『ファインディング・ドリー』の導入として完璧でした。正直、今回ピクサー十八番のストーリーテリングで一番上手いと思ったのはこの短編の配置ですね。

では、メインの『ファインディング・ドリー』についてですが、繰り返しになりますが続編として良く出来ている作品だと思いました。

『インサイドヘッド』や『アーロと少年』のように奇抜な世界観設定はないし、ストーリーも平凡といえば平凡です。物語の結末も甘々なハッピーエンドだし、ミズダコのハンクとシロイルカのベイリーが反則級の能力を持っているためリアリティあふれるサスペンスもありません。

でも、ちゃんとアドベンチャーとして緩急あるストーリーができていたし、魅力的な新キャラクターも物語をひきたてています。「続編の罠」に陥らず、続編がつくれるというのは当たり前のように見えて実は凄いことです。

全体的に丁寧なつくりです。トラック爆走というトンデモシーンも、事前にベビーカーの移動という前ふりがあって「こんなのありえない」と観客が思わないように配慮されてました。ドラマ展開でいえば、トラックをラッコたちが止めるシーンは無理やりな感じもしましたが…(これは何か元ネタあるのかな?)。
Finding Dory

生物学的視点で見ると面白い

前作もそうですが本作は実は「障がい者」を扱った作品だといわれたりします。

とくにドリーは少し前の出来事を記憶できないという特徴がしつこく描かれており、それに両親や周りの他者も戸惑い、ドリー自身も悩みます。また、新キャラクターたちも、目が悪い、腕が欠けているなど普通とは違う要素を抱えています。明らかに製作者は狙っているのは間違いありません。

でもこれをもって「障がい者」を扱った作品というのはちょっと違うのではと私は思います。

それを説明するうえで役立つのが生物学的視点で本作を見るということです。

本作は基本的に生物学的なツッコミはナンセンスな作品です。実在する生物種をモチーフにしたキャラクターですが、実際ではありえないアニメらしいオーバーな行動や演出がてんこ盛りですから。

でも生物学的視点で本作を見れば、意外に本作のテーマを深読みできるんじゃないかと思っています。

例えば、ジンベエザメのデスティニーは目が悪いことが悩みですが、本来サメは視力が低いという事実があります。腕が1本欠けてしまったことをトラウマにしているミズダコのハンクについても、実際のタコの腕は本体を危険から守るためにちぎれやすく再生するようになっています。そして、記憶力に欠点があるとされる主人公のドリーですが、魚の記憶力は数秒から十数日しか持たず、明らかに哺乳類や鳥類よりは低いのです。

Finding Dory_a

つまり、彼らが他者とは違う欠点だと思っている(ゆえに「障がい者」のように見える)それは、生物種(もしくは生物)のただの普遍的な特性に過ぎないのです。

本作はその特性の異常性を強調することで、生物学的知見のない観客にまるでキャラクターたちが欠点を抱えているように錯覚させています。

劇中でアシカの二人組キャラが岩場から一人のアシカを執拗に追い払いますが、本作を「障がい者」を扱った作品だと思ってしまうと、このシーンもまるで障がい者差別を表現しているように見えてしまいます。でも、これはアシカの雄が普通に行う縄張り行動にすぎません。

本作に「障がい者」なんていないのです。治す必要もないのは当然です。

この見せ方のトリックは非常に巧みだと思います。

日本ですか?

本作の数少ない残念だと思ったところも書いておきます。

ピクサー作品は作中に登場する文字をその国の言語に翻訳してわざわざ各言語版で個別に作成する丁寧さがあります。でも、今回これが余計なお世話になってしまったように思います。

例を挙げるなら、場所が「カリフォルニア州」だと物語上で説明されているのに、その場所の施設では「海洋生物研究所」と日本語で書いてあるという…。ここは英語で書いておいて、登場キャラクターに読ませるとか、文字を使わずに理解する流れにするとか、工夫してほしかったところです。

また、しつこいくらい連呼されてましたが、施設のアナウンサーが日本語版では「八代亜紀」本人ということになってました。いや、面白いですけど、場所の設定上これも明らかに変です。私はこの役は「さかなクン」がやればよかったなと思います(本作では「マンボウ」の声を担当してました)。彼なら世界的に有名な研究者ですからアナウンスしていても一応おかしくないですし、日本の子どもたちにもわかるでしょう。

ちなみに、英語版ではこのアナウンスの声を担当するのはシガニー・ウィーバーです(アンドリュー・スタントン監督つながりだと『ウォーリー』(2008年)にてアクシオム・コンピュータの音声を担当していました)。“シガニー・ウィーバー”関連ネタもありました(ドリーがベイリーのエコロケーション頼りにパイプを進む場面は、シガニー・ウィーバー主演の『エイリアン』にてダクトでエイリアンに襲われるワンシーンのオマージュ)。

言葉ネタも含めて、これはグローバル展開の難しさですね。

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.