ペット
映画『ペット』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Secret Life of Pets
製作国:アメリカ
製作年:2016年
日本公開日:2016年8月11日
監督:クリス・ルノー、ヤロウ・チェニー

【個人的評価】
 星 4/10 ★★★★
 

Plot Summary

ニューヨークで大好きな飼い主と幸せな毎日を送っていた小型犬マックス。ところがある日、飼い主が毛むくじゃらの大型犬デュークを連れて帰ってくる。互いに反発しあうマックスとデュークだったが、ひょんなことから2匹は大都会のど真ん中で迷子になってしまう。

ネタバレなし感想

ミニオンズのノリをペットで

“ペット”か…。シンプルな邦題だな…。個人的には『ペット・セメタリー』が好きですね…。

話を本題に移さないと。

ディズニーの『ズートピア』、ピクサーの『ファインディング・ドリー』、ドリームワークスの『カンフーパンダ3』と、今年の3DCGアニメは動物たちが輝いています。どんなにCG技術が発達して人間をリアルに描けるようになってもやっぱり動物モノは鉄板ですよね。

イルミネーション・エンターテインメントもその流れ(?)に続くかのように公開したのが『ペット』。その名のとおりペットが活躍する3DCGアニメです。

このアニメーションスタジオは名前の知名度は低いですが、『怪盗グルー』シリーズでデビューし、この作品に登場したミニオン(黄色い奴です)がスタジオのマスコットキャラクター。このミニオンを主役にした『ミニオンズ』は日本でも大ヒットしたので、日本ではキャラのほうが有名かもしれません。もはや完全にミニオンありきでのし上がったくらいであり、なんかここ最近の躍進が怖いくらいです。これまでの常識というか、通例では、緻密なシナリオで批評家さえも唸らせるピクサースタイルがCGアニメ界の流行だったわけですが、ここにきて「バカやっているだけでもいい」というスタジオが盛り上がって天下をとろうとしているのは、なんか痛快でもあります。 


そんなイルミネーション・エンターテインメントが送り出す最新作『ペット』は、ギャグ成分多めのイルミネーション・エンターテインメントらしい作品となっており、全く変わらないというブレない姿勢に一安心。一応、ペットの飼育放棄とか社会問題要素も挟まれるのですが、それ以上にアホすぎるぶっとんだ展開の連続であり、頭を空にしてみる映画と考えましょう。『ミニオンズ』ほどバカに突っ走った内容ではないですが、じゅうぶんバカはしています。まあ、あの黄色いのは特別バカすぎるのですけど…。

予告を見ているかぎりは、飼い主が出かけているあいだ、家で留守番しているペットたちがハチャメチャな騒ぎをするのかなと勝手に推測していましたが、そんなレベルじゃなかった。なんでしょうか、ニューヨークはクレイジーすぎます。ネタバレできないので、これ以上は言えないですけど。

ただ、ペットといっても、犬や猫だけでなく、ウサギ、モルモット、ブタ、インコ、トカゲ、ヘビ、ワニまで登場するので見ていて飽きません。ワニはあれです、有名な下水道に棲むワニの都市伝説からですね。

これは同じ境遇であれば“あるある”なはずだと思いますが、飼い主がいないときのペットは何をしているのだろう?という素朴な疑問は一度は考えたことがあるでしょう。今作はそこに向き合った作品で、ここまでストレートなアニメーションが意外になかったのかな…。今まで「おもちゃ」とか「動物園の動物」とか、そういう存在が人間の知らぬ間に大冒険!というのはありましたけど。実写だと『ベイブ 都会へ行く』を自分は真っ先に連想しますが。

舞台のニューヨークの世界観はよくできているので、日本とは違う異国のペットとの生活に思いをはせてみるのも、日本人だからできる本作の楽しみ方だと思います。

この映画を観ている最中、観客のペットたちは何をしているのか。もしかしたら家にはいないかもしれない…戸締りは厳重に。

予告動画







↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

ギャグ60%、あっさりなドラマ40%、サスペンス0%

イルミネーション・エンターテインメントの「笑い」のいいところは、メタなギャグに頼らず、子どもでもわかるスラップスティックで攻めていく点だと思っていますが、本作のコメディもいつもどおりで安心しました。

キャラはみんな、不幸な生い立ちさえあるキャラでさえも、実に楽しそうです。

ここまでの笑いに徹する姿勢はなかなかないですよ。誰だって「ここでちょっと真面目モード、入っとこう」と配慮するじゃないですか。それが総スルーですから。

イルミネーションを設立したのは“クリス・メレダンドリ”という人で、以前は『アイス・エイジ』というCGアニメを手がけていました。その作品シリーズではスクラットという名のリスのキャラクターがずっとバカげたコメディシーンを、しかも本編の物語とは全く関係ないところで繰り広げるのですが、そのエッセンスがイルミネーション作品は全体にわたってまんべんなく広がっている感じです。そこでもギャグやるの!?という連続。これはもうさぞかし子どもは楽しいに決まっているでしょう。

個人的に本作で好きなキャラはやっぱりウサギのあいつですね。まさにイルミネーション・エンターテインメントを象徴するようなぶっとんだキャラでした。同じウサギなのに『ズートピア』のジュディとは大違いです。『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1974年)に登場する殺人ウサギ(キラーバニー)が元ネタっぽいですけど、本当に人を殺しかねない勢い(さすがにそれは子ども向けアニメなのでやらないですけど)。正直、子どもには見せたくないレベルの凶行っぷりですが、ウサギの本気を見た気分。『ファインディング・ドリー』で一番の派手な見せ場だった「動物の運転によるカーシーン」がさも当たり前のように何度も起こるのがなんか安心するのはなぜでしょうか。

まあ、これを観て「ウサギを飼いたい」という子どもはあんまりいないと思いたい…。

ペット

めちゃくちゃやっているぶん、ドラマはかなり雑…というか、そこは気にしないのはルール。

物語の主軸であるはずのマックスとデュークの仲違いも、吊り橋効果で安易に解決し、ソーセージで友情まで芽生えるというあっさりしたものでした。彼ら以外にもウサギやタカのキャラの心変わりの早さは、いくらなんでも早すぎる気もしますが、まあ、動物なんてその程度でしょうくらいの、コメディらしい冷めた視点なのかもしれないです。

イルミネーションですから、案外、動物は動物としか見なしていないのかも。なにせバナナありきで行動する黄色い単純生物を生み出したりしているスタジオだからね。このサッパリした感じは、絶対にディズニーには出せないスタイルです。

あえて言うなら、タイムリミット感を出してほしかったかな。マックスとデュークが飼い主が戻ってくるまでに帰れるか、さらに加えて何事もなかったかのようにできるかというハラハラがないのはもったいない。『トイ・ストーリー』との類似点が指摘されることもある本作ですが、『トイ・ストーリー』にはあったサスペンスがゼロなのは本作を一本の映画として楽しみづらくしていると思います。結局、細かいギャグの集まりでしかないので、この方針をどうするかですね。

いっそのこと『ミニオンズ』くらいスラップスティック・コメディに徹しても良かったかもしれない…。

ちなみに、話が本編から少し逸れますが、本作にも登場した動物を捕獲するために追いかけまわす人たち。日本語だと「動物管理局」と翻訳されますが、イマイチ日本人にはピンとこない。「保健所」と何が違うのか、同じだと思っている人もいるでしょうけど、違います。「Animal control service」と呼ばれており、要するに動物関連のサービスをしている職業。それ自体は公的機関ではなく、公的機関から請け負って仕事をしているケースが大半。「ドッグ・キャッチャー」と呼ばれたりするくらい駆除業者というイメージが強く、映画ではたいてい悪者扱いされがちですが、動物虐待を取り締まることもあったり、あながち「動物の敵」認定するのは早計です。そんなことを付け加えておきます。子どもに聞かれたらそんな説明をしておいてください。

そんな『ペット』も続編製作が決定済み。よく「続編、どうやるの?」みたいに心配される作品もありますが、本作ほど「まあ、どうにでもなるだろ」と安心(?)できる作品もなかなかない。続編ではさらに好き勝手やっていいですし、やるに決まっています。どうしてほしいかな、そうですね、このままペットたちが海外に行ったら別のアニメと同じになってしまうし…行動範囲を広げる以外にも面白さを出すアイディアをイルミネーションは用意してくるのか。楽しみです。

(C)UNIVERSAL STUDIOS