リリーのすべて
映画『リリーのすべて』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Danish Girl
製作国:イギリス
製作年:2015年
日本公開日:2016年3月18日
監督:トム・フーパー

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★
 

Plot Summary

1926年のデンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに女性モデルの代役を頼まれたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在が目覚める。それ以来、「彼」は「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていく…。

ネタバレなし感想

リリーになっていく芸術を楽しむ

「性別適合手術」という言葉をご存知でしょうか。「性転換手術」という言い方の方が日常で聞くかもしれません。いわゆる心と体の性が一致していない人が、自分の身体の性を変更するための外科手術のことです。男性から女性に、女性から男性に文字通り体から変化します。子宮卵巣摘出術や陰茎切除術などを行うため、基本は不可逆…もとには戻れません。それくらいの覚悟を持って行われることです。

当然ながらこれは美容整形などとはわけが違います。美意識のためにするものではなく、自分の性が原因で抱えている苦痛を和らげるための立派な“治療”のひとつです。だから「適合」という言葉を使うのでしょう。

この性別適合手術は日本ではまだまだ実施例が少ないらしいですが、国内での初の手術は1950年だそうです。案外古くて驚きました。太平洋戦争が終わってたった5年後です。そんなことを行うような発想すらないと勝手に思ってました。ただ、今と違って“治療”として認識されていたのかはわかりませんが。

では、世界で初めて実施された性別適合手術? そんな気になる疑問に答えてくれる映画が本作『リリーのすべて』です。

本作は、2010年に『英国王のスピーチ』がアカデミー作品賞を受賞したトム・フーパー監督の最新作です。『英国王のスピーチ』も自分が抱える“ある特性”によって苦しんで乗り越えようとする人間の話でしたね。

そして本作は、世界初の性別適合手術を受けた人物「リリー・エルベ」を題材とした、デヴィッド・エバーショフによる小説「The Danish Girl」を原作としています。この物語は史実が基になっているというわけです。手術が行われたのは1930年。まだ世界がこれからも不穏な戦争に突入していく前の時期でした。ただし、手術の事実はあっても、映画では史実とは異なる変更点等があるのですが…。

本作の一番の魅力は役者の演技でしょう。

リリー・エルベを演じた“エディ・レッドメイン”が、『博士と彼女のセオリー』に続いて非常に難しい役に挑戦しており、見どころです。男性から女性へ変わっていくその瞬間はまるで芸術のようです。その点ではこの映画の見方は芸術鑑賞に近いのかもしれません。

ただ、その妻を演じた“アリシア・ビカンダー”も忘れてはいけません。この映画はアリシア・ビカンダー演じるゲルダ・ヴェゲネルというリリー・エルベの妻の物語といってもいいものです。アリシア・ビカンダーは第88回アカデミー賞で助演女優賞を受賞しました。この受賞については、主演ではなく助演なのはなぜ?という疑問もなくはないですけれども…。一応、主人公はリリーのほうなんでしょうね。

いわゆるLGBTを題材にした映画ですが、あまり気にせず、普通の恋愛映画として見てもいいと思いますし、冒頭に描いたようにジェンダー医学における始発点となる歴史を描く意味でも興味深いです。

予告動画







↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

映画が美化したこと

最初、私は地味な映画なのかなと思っていました。雰囲気も暗そうですし、どうしてもこういうテーマの作品はシリアスなんだろうなと身構えてしまいますよね。あんまり良い映画鑑賞の姿勢とはいえないのですが…。

ところがそんなのは杞憂。本作は実に美的な作品でした。主人公となるリリーとゲルダが画家ということで、映画自体も芸術性を前面に出したデザインとなっています。

釘づけになるのは、やはり主役のリリーとゲルダでしょう。リリーという女性に変貌する難しい役を演じたエディ・レッドメインですが、もともと美形で女性っぽい顔つきなせいか女装してもそこまで驚きはありません。アリシア・ビカンダーも、ちょっと幼い顔をしているせいで(これはエディ・レッドメインも同じですが)、学生感が拭えない感じはあります。

そのぶん、二人は目線や仕草など繊細な演技と体を張ったヌードで勝負しています。

肖像画のなかのリリーは人気ですが、現実のリリーに居場所はない…。対して、ゲルダはリリーが魅力的になればなるほど、自分の居場所がなくなっていく…。切ない対比。この感想の前半で私は性別適合手術は「自分の性が原因で抱えている苦痛を和らげるための立派な“治療”のひとつ」と表現しました。そのとおりのはずです。確かにリリーは手術でそれまでの人生の苦痛を取り払ったのかもしれません。しかし、ゲルダとの距離ができてしまう。まさに不可逆な作用が、身体だけでなく、周囲の人間関係にも生じているという事情。

これは結構センセーショナルというか、踏み込んだ描写だと思うのです。単純に考えたら「手術して幸せになりました。ハッピーな新しい人生! イエーイ!」みたいなお気楽でも描ける話ですし、安直なハッピーエンドにするならこうなるのが定番です。でもこの作品は“負”を描く。そういう言い方をしていいのかわかりませんが、そこに手を出してしまうのは凄いなと思うばかり。

とにかく二人の若い役者は、それぞれの葛藤を見事に表現してみせており、こちらも素直に凄いと思いました。正直言って、この映画の魅力はこの二人のパワーに大きく頼っていると言わざるを得ないほどです。

とくにエディ・レッドメインは、なんでここまで繊細な演技ができるのか、不思議なくらいミステリアスな俳優ですね。英国イメメン俳優にランクインする人ですけど、そんなアイドル的な枠に収まる人じゃありません。今後の成長が楽しみだ…。これからずっと追いかけられると思うと幸せ…。

The Danish Girl

役者陣のみなぎるパワーの一方で、本作には最大の問題点があります。それは「美化し過ぎ」ということ。

史実のアイナーは、22歳でゲルダと結婚、30歳で女性として生活をするようにり、38歳頃にリリー・エルベと名乗るようになりました。そして、性転換手術を受けたのは48歳です。つまり、“完全に”リリーになるまでは20年以上の年月が実際には存在するのです。しかし、本作では時間の経年をしっかり描いていません。主役となる二人はいつまでも若々しいままです。

また、映画ではリリーとゲルダは最後まで関係を保ったように見えます。しかし、これも史実は少し違って、実際はリリーの手術後は離婚しています。というのも、当時のデンマークでは同性愛は犯罪になってしまうという法的な問題があったからです。離婚後、リリーはフランス人画家のクロード・ルジュンと恋に落ち、ゲルダはイタリアの将校で外交官の男性と再婚。ゲルダがリリーの死を知ったのは再婚相手と過ごしたモロッコにいたときだったそうです。

嫌味な見方をするのなら、これは美男美女の悲恋を描いた「誰にでも受けやすい」ラブストーリーにするための映画の嘘といえるでしょう。

映画として万人に見てもらうためには、これらの嘘は仕方がないのかもしれません。でも、やはり史実が題材になっているからこそ、その嘘に疑問や嫌悪が生じるのも理解できます。私も映画の「美化」のほうが気になってしまいました。

「LGBTを芸術品のように描いていいのか?」をどう受け止めるかによって、この映画の評価がどこまで上がるか決まるでしょう。

個人的には“美男美女オブラート”がなくても、観客にはこの二人の生き様がしっかり伝わったのではと思うのですが…。あの実力のある俳優陣なら年齢経過も含めての演技ができそうですし…。

少なくとも、この映画を観ることでリリー・エルベという人間のすべてを知ることはできないと断言できます。 だからこれは映画の『リリーのすべて』なんですね。

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.