君の膵臓をたべたい
映画『君の膵臓をたべたい』の紹介です。

原題:君の膵臓をたべたい
製作国:日本 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年7月28日 
監督:月川翔

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていく。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。

“さけぶ”の次は“たべる”なのか?

「君の膵臓をたべたい」!? なんだ、食人族の映画か!…そんな『グリーン・インフェルノ』ファンの映画オタクの皆さんはお呼びではありません。森にお帰りください。

↑膵臓どころか何もかも食べちゃう「君の全部をたべたい」映画。

原作を知らない人でも、タイトルとビジュアルでそれとなく察することができると思いますが、本作はいわゆる「青春ドラマ×難病モノ」の作品。

この「青春ドラマ×難病モノ」という金鉱脈の存在を日本映画界に知らしめたのは、やはり2004年に公開された『世界の中心で、愛をさけぶ』でしょう。今の10代の若い人はこの映画を知らないかもしれませんが、この『世界の中心で、愛をさけぶ』(略称:セカチュー)は興行収入85億円を記録し、その年の実写映画No1の大ヒットとなった社会現象映画でした。主題歌の平井堅が歌う「瞳をとじて」が大流行りして、TVで何度も何度もかかっていたのを私も覚えています。

↑当時は流行りすぎて笑いのネタにもよくされました。

そんな『世界の中心で、愛をさけぶ』と『君の膵臓をたべたい』は、表面的には似たものがありますよね。まずタイトルがキャッチーだということ。そして、「青春ドラマ×難病モノ」による「泣ける」という要素を全面に押し出していること。製作陣も企画段階でこの類似性を意識していたらしく、『世界の中心で、愛をさけぶ』と同じプロデューサーが本作にも関わっています

ベストセラーとなった原作小説ファンは、やっぱり原作と映画、どこが違うのか気になるところですが、実写映画版では、原作にはない「12年後を描く“現在”パート」があるというのが大きな改変ポイントでしょうか。この“現在”パートで大人になった「僕」を演じるのはなんと“小栗旬”。散々ふざけまくったキャラを演じていた『銀魂』から一転、ずいぶんシリアスな役に…この夏は、いろいろな“小栗旬”が見れますね。

『世界の中心で、愛をさけぶ』は“長澤まさみ”が大ブレイクするきっかけになりましたが、本作のヒロインを演じ、咲 Sakiに続いて2度目の映画主演となる新人“浜辺美波”もこれで注目を集めるのでしょうか。

時期的には「泣ける映画」としては心が叫びたがってるんだ。という、こちらも“さけぶ”映画と激突することになる本作。どっちに軍配が上がるのかな…?


公開している劇場は公式サイトでチェック!

↑原作小説。

↑コミックス。

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社