カーゴ/Cargo
Netflix映画『カーゴ/Cargo』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Cargo 
製作国:オーストラリア 
製作年:2017年 
日本では劇場未公開:2018年にNetflixで配信 
監督:ベン・ハウリング、ヨランダ・ラムケ 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★

あらすじ

恐ろしい感染症の爆発的拡大により人間文明が荒廃したオーストラリア。厳しい自然だけしかない大地でごく一部の人々はなんとか生きながらえていた。そんななかで、幼い愛娘を守るべく見渡す限りの荒野を懸命に歩き続ける男。しかし、彼の体もまたウイルスに蝕まれており、刻一刻とタイムリミットが迫っていく…。

ネタバレなし感想

その積み荷を届けるために

2013年、「泣けるゾンビ作品」としてある短編動画が話題になりました。それが「Cargo」という作品です。

以下がその動画。短編のネタバレOKなら視聴してみてください。


まあ、泣けるかどうかは別にして、ゾンビという一種のジャンルに、感動系のドラマを混ぜ合わせるタイプの作品は最近でも増えましたし、かなりゾンビ映画のアプローチが多様になった気がします。ゾンビ作品は工夫しだいでまだまだやれることがたくさんあるということですね。

そんな短編「Cargo」が長編映画化されたものが本作『カーゴ』です。

監督は短編を手がけた人が引き続き担当。なので作品の雰囲気は変わっていません。お話も基本的な構成要素(父と幼い娘)は同じです。しかし、7分程度の短編を100分以上に長編化するわけですから、当然のように要素は増えており、それをぜひ楽しみにしてほしいところ。

とくに短編は舞台がどこか釈然としない雰囲気でしたが、この長編映画版では明確にオーストラリアだとわかるようになっています。そういう意味では、地域性が増した感じでしょうか。本作のプロデューサーのクリスティーナ・ケイトンは、オーストラリア製ホラーとして話題となった『ババドック 暗闇の魔物』の製作に関わった人で、本作とは親子愛というテーマで共通しています。
『ババドック 暗闇の魔物』感想(ネタバレ)…LGBTQのアイコンになっちゃった
まさに本作はオーストラリア製ゾンビ映画の代表作になったのではないでしょうか。

また、主演が、『ホビット』3部作では主役のビルボ・バギンズを演じて大きな印象を残し、最近では『ブラックパンサー』でも元アメリカ空軍パイロットのCIA捜査官エヴェレット・ロスを演じたことでも記憶に新しい“マーティン・フリーマン”となっています。基本全編ずっと彼の芝居が続くので、その状況が深刻化するにつれ変化していく心理を上手く表現した演技にも注目です。

『カーゴ』はNetflixオリジナル作品として配信しています。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

説明しすぎない演出の妙

本作は、短編を長編映画化したものなので、どうアレンジ&ボリュームアップしたのかが気になるところ。

まず、元の短編と共通している部分は、プロットとオチの骨格くらいです。妻が感染によってゾンビ化してしまい、車の運転中に事故を起こした出来事から、夫の男が幼い娘の赤ん坊を背中に背負って彷徨う。しかし、父もまた噛まれたことでゾンビ化しつつあり、最終的にはゾンビになりながらも、娘を背負い続け、やがて正常な人間に殺されて、赤ん坊は引き取られる。ここは一緒。

逆に言えば、それ以外の部分は大幅な肉付けによるボリュームアップによってかなり体感が違っています。例えば、冒頭、家族3人がまだ感染していない段階の船の旅の様子が描かれ、より後の展開の悲壮感が増す構成になっています。ここで余計な長ったらしい説明を入れずに、ちゃんと映像的な演出だけで「この世界は普通じゃないぞ…」というヤバさをジワジワ見せていくのはさすがのセンス

あとはヴィックという悪役ポジションのキャラの追加が目立ちます。コイツに関してはゾンビ映画では“あるある”な、他人を犠牲にして生き残ろうとする系の胸糞悪いキャラなので、とくに際立ったものもありません。ただ、最終的なコイツの顛末も含めて、このヴィックにもいろいろな人生があって今はこうなってしまったのだなということを匂わせるあたりが隠し味になっていて良いと思います。

カーゴ/Cargo

ヴァピとヴァパルの物語

さまざまなアレンジの中で本作の一番の特徴になっていて、作品のトーンを変えるほどの影響を与えているのが、アボリジニの人たちの登場です。

もしオーストラリアでゾンビ・パンデミックが起こったら、アボリジニの人たちはどうするかということをシミュレーションしてみた感じで、とてもオーストラリアらしい。なんでも実際にアボリジニのコミュニティと議論しながら映画製作を進めたらしいです。

とくに主人公のアンディと出会って半ば巻き込まれていくことになるアボリジニのトゥミという少女(最初、少年かと思いました)が、非常に重要なキーキャラクターになります。

アンディは自分が完全にゾンビ化する48時間以内に、なんとか娘のロージーの保護者になりうる人間を探し出そうとします。最初は噛み傷を診てもらったエッタという老齢の女性に預けようとしますが、薬を飲んでいてカツラをかぶっている姿を密かに目撃し、彼女が癌であることを察し、断念。次に道中で出会ったヴィックの妻レイニーに預けようと決めますが、まさかの彼女は本当の妻ではなく、軟禁状態にあることが判明し、逃げる途中で撃たれて死亡。時間ギリギリで冒頭に川岸で出会った家族の元にたどりつきますが、すでに感染済みで一家心中してしまい…。

もう無理だととことん追い詰められてからの例のラスト。短編と比べて葛藤がぐんと増えて、ここは良いなと感じました。短編だとどうしてもオチありきですから。ただ、結果的にトゥミも背負うので、なんか妙に踏ん張り力の高いゾンビみたいになっちゃいましたが…。

本作は実は群像劇的にいろいろな家族の顛末を見せていくので、「if」をいくつも垣間見る中での、極限の環境下でどの選択肢をとるべきかという葛藤が視覚的に強調されます。まあ、ゾンビ映画ではありがちなテーマなんですけど、それをオーストラリア版にしているという意味では綺麗な完成形じゃないでしょうか。

世代も人種も超えて行われる父(ヴァピ)から娘(ヴァパル)への継承でした。

個人的にはカンガルーのゾンビが出てこなかったことだけが残念(台無しな文章)。

おすすめ PiCKUP!
↑『ディストピア パンドラの少女』…こちらもかなり変わったゾンビ映画。
(C)Netflix