ガーディアンズ
映画『ガーディアンズ』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Zashchitniki 
製作国:ロシア 
製作年:2017年 
日本公開日:2018年1月20日 
監督:サリク・アンドレアシアン 

【個人的評価】
 星 2/10 ★★

あらすじ

冷戦下のソビエト。遺伝子操作によって特殊能力を持った兵士を生み出し、超人集団を作る「パトリオット計画」が秘密裏に進行していた。しかし、組織の科学者クラトフの裏切りにより、研究所は爆破され、超人たちも姿を消す。それから50年後。クラトフはロシア崩壊を企んでいた。国家存亡の危機を防ぐため、かつての超人たちを見つけ出し、「ガーディアンズ」という名のチームが結成される。

ネタバレなし感想

クマ映画です

「日本よ、これがロシア映画だ」というちょっと久しぶりに見た『アベンジャーズ』キャッチコピーのパロディ全開でお送りしている本作『ガーディアンズ』。下手をしたら、これが『アベンジャーズ』のキャッチコピーのパロディだということすら若い人には伝わってない気もしなくはないですが、たぶんこの映画を観る層には心配いらないので、まあいいか。

1月のバカっぽい映画ラッシュは止まりません。といっても、見た目がバカっぽいだけで、実はシリアスだったりする作品も多々あります。『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』のときは、日本側の宣伝と実際の作品の中身がズレていると私の感想でも指摘したりもしました。
しかし、この『ガーディアンズ』に関して大丈夫です。外も中も正真正銘バカ映画です。

結構な予算がかかっているらしく、映像も全くチープではないのですが、なんというか企画そのものに半笑い感が漂っている感じ。いまさら超人ヒーローが集まって悪を倒すって…二番煎じにもほどがあるよ!と誰だって思うところです。音楽さえもどことなくアメコミっぽいですから。

でも、その見方でいいと思うんです。

本作の監督の“サリク・アンドレアシアン”という人は、かなり何でも手がける多才な監督で、過去には『Sex Competition(Chto tvoryat muzhchiny!)』という、期間内にどれだけ多くの女性を誘惑できるかというセックス・トーナメントを描いたコメディだったり、はたまた『キル・オア・ダイ 究極のデス・ゲーム』という、生死を賭けたぶっとんだ未来の生き残りゲームを描いたSFだったり、結構、ツッコミ満載な作品も多い人。2014年に『クライム・スピード』という作品でハリウッドデビューしているし、おそらく“サリク・アンドレアシアン”監督で批評的に評価が高かったのは、1988年アルメニア地震を題材に描いた『The Earthquake(Zemletryasenie)』なんじゃないだろうか(まあ、私は観てないのでこれ以上なんとも言えないのですけど)。

本作『ガーディアンズ』もその多様なジャンルを手がけてきた経験があったからこそ実現できたのでしょうし、やはりツッコミながら観る前提は製作者もわかっている気はします。

個人的には本作はヒーロー映画ではなく、クマ映画だと言いたい。詳しくは観てほしいので書きませんが、クマが鑑賞後の観客の脳みそのほぼ全てを持っていくので楽しみにしてください。

しかも、奇遇なことに、本作の公開日前日にイギリスのクマ映画『パディントン2』が公開されているのです。各国(2国)のクマ映画が揃いましたね。

よし、じゃあ、ハッキリ言いましょう。クマ映画が観たいのであれば、『パディントン2』がオススメです!(あれ?)






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

超“人”じゃない奴がひとりいます

『パディントン2』、面白かったですね。

イギリス在住のクマは一生懸命働いてお金を涙ぐましく稼いでいるのに、ロシアのクマといったら…。

そんなクマも所属しているロシアのヒーローチーム「ガーディアンズ」。念動力で鉱物を自在に操る屈強そうな男「レア」、超高速で移動しながらショーテルで敵を一刀両断する「ハン」、透明になるなど擬態能力を持つ美女「クセニア」、そして上半身がクマになる「アルスス」。

なんか昨今の「多様性重視」傾向にすっかり毒されてしまったのか、私もこういうチームものを見たとき、つい人種バランスはどうなっているのだろうと考えてしまうのですが、意外にロシアなりのバラエティが実はあります。ハンは見た目といい、もろに忍者っぽく、演じている“サンザール・マディエフ”もアジア人顔に見えますが、カザフスタン出身のようですね。アルススを演じた“アントン・パンプシニ”もカザフスタン。また、レアを演じた“セバスチャン・シサク”はアルメニア出身。クセニアを演じた“アリーナ・ラニナ”だけロシア生まれみたいです。

ロシア映画界の俳優事情は全然知りませんが、結構カザフスタン系など周辺諸国の俳優も多いものなのでしょうかね?

でも、ほら、人種なんてどうでもいいんです。大事なのはクマです。

本作を観た人の頭に強烈な印象を植え付けるのはやっぱりクマ人間、アルスス(ちなみに「アルスス」はラテン語で熊の意味)。こういう怪物になっちゃう系の超人はベタです。私もてっきりハルクみたいな手が付けられない大暴れポジションだと思ってました。しかし、予想以上の魅力がありましたね。正直、他の3人の超人と悪役はアメコミ映画の劣化版でしかないと感じましたが、このアルススに関してはハルクよりもキャラの活かし方が上手かったと思います。

後半は大型のガトリングガンを手持ちして戦うというクマにあるまじき戦闘スタイルを確立したと思ったら、お次はなんと上半身だけでなく下半身もクマに。要するにただのクマです。ただのクマがガトリングガンを背負って暴れるという、“超人”とは何かを問いかけるような存在感。というか、“超クマ”だよね。もはやクマが凄いのか武器が凄いのかわかりません。

この“超クマ”は本作でもユーモア担当になっており、唯一専用スーツを用意してもらえなかったり、エレベーターに乗るくだりだったり、イチイチ笑わせます。人を背中にも乗せてくれるし、案外、良い奴なのもいいですね。コイツだけ、アメコミに参戦してくれないかな…。

ガーディアンズ

これがロシア映画だ(破産)

とまあ、キャラ映画としては楽しいのですけど、全体としてはどう考えたって詰め込み過ぎな内容。『ジャスティス・リーグ』でさえ急ごしらえ感があったのに、たったの89分で超人を集めてチームを作って戦って結果を出すのだから、そりゃそうです。
『ジャスティス・リーグ』感想(ネタバレ)…急募、一緒に世界を救いませんか
あのラストの合体必殺技といい、よくこんな終わりにしたなと思うほどの超強引な幕引きは嫌いになれないけど…。

ツッコミながら見れれば上々ですから、こんなのでいいでしょう。海外のレビューで個人的に一番好きなのは「これを観るぐらいだったらマーベル・マラソンをしている方がマシだ」というコメント。89分のロシア映画の代わりとしては結構、大変な部類じゃないですかね…。

気になるのはロシア国内の評価です。これが酷いもので…。

興行収入も伸びずに、批評家からのレビューも散々。しかも、本作の制作会社の「Enjoy Movies」は破産してしまいました…。ロシア映画史に残る大失敗作と言われかねない惨状。ツッコミながら見れれば上々なんて軽い気持ちでいたけど、それどころじゃなかった…。「ガーディアンズ」はロシア映画界では何も守れず、損害を出しただけのようです。ヒーローって大変だなぁ。

続編もやる気満々なエンディングでした(なんでも、中国からヒーローを追加する構想だったらしい)が、当然、これは無理かな…。

頑張れ、ガーディアンズ。まだ始まったばかりだ。

(C)2017, Enjoy Movies LLC