感想は1300作品以上! 検索はメニューからどうぞ。

アニメ『スター・ウォーズ ビジョンズ』感想(ネタバレ)…日本のアニメスタジオがこの銀河を作る

スター・ウォーズ ビジョンズ

日本のアニメスタジオがこの銀河を作りだす…「Disney+」アニメシリーズ『スター・ウォーズ ビジョンズ』の感想です。前半パートはネタバレなし、後半パートからネタバレありの構成です。

原題:Star Wars: Visions
製作国:日本・アメリカ(2021年)
シーズン1:2021年にDisney+で配信
製作総指揮:ジャクリーン・ロペス ほか

スター・ウォーズ ビジョンズ

スター・ウォーズ ビジョンズ

『スター・ウォーズ ビジョンズ』あらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。この広大な宇宙は数えきれないほどの無限の可能性に満ちている。見たことがないものはいくらでもある。新たな才能に出会うことで開花する物語、弾ける感情と感情のぶつかり合い。因縁に決着をつける者もいれば、まだ初々しい能力に目を輝かせる者、次なる運命に飛びたつ者もいる。そんな銀河の物語群の断片を覗いてみよう…。

『スター・ウォーズ ビジョンズ』感想(ネタバレなし)

スポンサーリンク

日本アニメ版「スター・ウォーズ」を作る

クリエイティブな仕事に関わる人であれば「あの作品に関わってみたいな」という想いはひとつやふたつ抱えているもの…なのではないでしょうか。それがビッグタイトルならとてもじゃないけど今の自分には手が届かない。だけど夢を見るくらいはいいじゃないですか。自分があの作品を手がけるなら「こうしたいな、ああしたいな」「いや、こんな展開をさせようか、こういうキャラクターはどうだろう」…そんな妄想が膨らんでいきます。

その熱量が無視できないほどに膨大なのは世間の二次創作の盛況っぷりからもわかりますよね。その作品が人気かどうかは二次創作の勢いで判断できたりもします。もちろんこの二次創作はあくまでファンの勝手な個人の世界。公式ではありません。そのことは作り手もよく承知しているところ。

でも二次創作ではない、本当にビッグタイトルに関わる機会がドサっと舞い込んできたら…。そんな美味しい話があるわけない? いいえ、あったのです。

どのタイトルの話か。それはあの映画史におけるエンターテインメントの概念を一気に変えた伝説の作品。『スター・ウォーズ』です。

今やドラマシリーズやアニメシリーズによって『スター・ウォーズ』の世界観はどんどんと横に広がり、新たな大成功を収めているのですが、2021年、全く新しい試みが生まれました。それが『スター・ウォーズ ビジョンズ』

何をしているのかというと、なんと日本のアニメスタジオに制作を依頼しているのです。それも複数のスタジオ。『スター・ウォーズ ビジョンズ』は各話約13分~19分の短編のアニメシリーズで、毎話全く異なるストーリーが展開するアンソロジーなのですが、それを日本のアニメスタジオが作ることを許可するなんてちょっとひと昔前なら信じられないような話。ディズニーは権利に厳しそうなのに…。

なぜこんな夢のような企画が実現したのか。

そもそも『スター・ウォーズ』は生みの親である“ジョージ・ルーカス”が日本文化からインスピレーションを得て創作したものだというのは有名な話。ライトセーバーによるチャンバラ、ジェダイの教え、キャラクターの配置など随所に時代劇(とくに“黒澤明”監督作)の要素が込められています。つまり、『スター・ウォーズ ビジョンズ』は着想元の日本にボールを投げ返す企画なんですね。

また、今の“ジョージ・ルーカス”が引退した後の『スター・ウォーズ』を生み出す「ルーカス・フィルム」自体に所属するクリエイターたちが『スター・ウォーズ』を観て育ったファンで成り立つようになっていることも大きいでしょう。もう『スター・ウォーズ』は歴史と影響力が大きすぎて本来のクリエイターとファンの境が曖昧です。実際、今の「ルーカス・フィルム」のエクゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターは根っからの『スター・ウォーズ』オタクであった“デイブ・フィローニ”ですからね。

そんな背景もありつつ実現したこの『スター・ウォーズ ビジョンズ』。気になるのは制作に関与している日本のアニメスタジオはどこなのかということ。

2021年に配信された全9話では、7つのスタジオが参加しています。

『ニンジャバットマン』などを生み出した「神風動画」

『ペンギン・ハイウェイ』や『泣きたい私は猫をかぶる』の「スタジオコロリド」

『キルラキル』や『プロメア』でおなじみの「トリガー(TRIGGER)」

『メイドインアビス』や『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』でも人気の高い「キネマシトラス」

『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズを手がける「Production I.G」

『夜明け告げるルーのうた』や『きみと、波にのれたら』で世界的に注目される「サイエンスSARU」

『虐殺器官』や『ゴールデンカムイ』の「ジェノスタジオ」

どれも日本アニメの第1線で活躍する有名なスタジオばかり。そんなクリエイターたちが公式で『スター・ウォーズ』を作れるチャンスを手にして何を生み出すのか。いずれの作品もスタジオの個性が爆発していて、クリエイターたちが思う存分にやっている空気が伝わってきます。

ちなみに一応の正史とは関係はなく、自由に世界観を構築しているのでそのへんはあまり気にしなくても大丈夫です。その結果「私の考えるスター・ウォーズ!」が炸裂していますよ。『スター・ウォーズ』にそんなに詳しくない人でもOKです。

『スター・ウォーズ ビジョンズ』は「Disney+」で独占配信中です。

オススメ度のチェック

ひとり3.5:ファンも新規の人も
友人3.5:アニメ好き同士で
恋人3.5:アニメ・ファンなら
キッズ3.5:子どもでも楽しい
スポンサーリンク

『スター・ウォーズ ビジョンズ』予告動画

スター・ウォーズ:ビジョンズ|TVスポット 30秒|Disney+ (ディズニープラス)
↓ここからネタバレが含まれます↓

『スター・ウォーズ ビジョンズ』感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

S1-1「The Duel」

第1話「The Duel」は「神風動画」の制作。『ニンジャバットマン』の“水﨑淳平”が監督を手がけ、脚本は短編映画『オービタル・クリスマス』を発表したばかりの“堺三保”が担当。

このエピソードは他と比べて絵のタッチが全く異なり、世界観もゴリッゴリの「和」、時代劇そのものです。山賊に襲われる村とそれを守る雇われ部隊は『七人の侍』を彷彿とさせますが、そこに登場するのは傘型の赤いライトセーバーを操る謎の女(ちなみにこのキャラの元ネタは『修羅雪姫』。声を演じているのが“ルーシー・リュー”というキャスティングもいいですね)。そして立ち上がるのは“三船敏郎”主演の『用心棒』的な浪人でまさかのこちらも赤いライトセーバー使い。赤と赤の2人の激しい決闘が始まる…。

個人的にはこの「The Duel」が一番のお気に入り。静と動の演出といい、さりげない「スター・ウォーズ」っぽさといい、無駄のない世界観と脚本のハマり具合だと思いました。

スポンサーリンク

S1-2「タトゥイーン・ラプソディ」

第2話「タトゥイーン・ラプソディ」は「スタジオコロリド」の制作。『宇宙よりも遠い場所』の監督補佐であった“木村拓”が監督を務めています。

まさかの音楽バンドもの。ジェダイの子がバンド「スター・ウェイバー」のボーカルとして第2の人生を謳歌するという斬新な物語。でも「スター・ウォーズ」はパブに定番の音楽が付き物だので、その要素をメインに持ってきたようなものですね。日本だったら青春バンドものだなっていう。それにしても本作を観ていると、ジャバ・ザ・ハットもボバ・フェットもすごい可愛い奴にしか見えない…。あいつら、この後に酷い目に遭うんだよね…。

ちなみに主人公のジェイの声を演じているのは“ジョセフ・ゴードン=レヴィット”です。

スポンサーリンク

S1-3「THE TWINS」

第3話「THE TWINS」は「トリガー」の制作。監督は『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』の“今石洋之”

冒頭は「スター・ウォーズ」でおなじみのスターデストロイヤーが浮かび上がるカット…なのですが、謎の2機接続。ツインスターデストロイヤーというダークアーマー接続によるハイパーキャノンのエネルギー放出で星を吹き飛ばせる、デススターも不要の凶悪兵器がいきなりの登場。そして始まる双子のアムとカレの因縁バトル。

これぞ「トリガー」という全開のストーリー。宇宙空間でなぜ息ができるのか、知らん!という潔さ。戦闘はセリフに「!」マークが10個分ついてくるような白熱さです。「トリガー」ですからね、スターデストロイヤーくらいライトセーバーでぶったぎれますよ…。

スポンサーリンク

S1-4「村の花嫁」

第4話「村の花嫁」は「キネマシトラス」の制作。監督は『パーフェクトブルー』で原画をしていた“垪和等”

マギナを信仰をするとある惑星の住民。それはジェダイのフォースの原点であり、その惑星に立ち寄ったエフとそのマスターはフォースのルーツを知る…という内容。謎多きフォースに民族的な解釈を与える物語であり、なんだかんだで一番にジェダイらしいストーリーだったかもしれません。「フォースと共にあらんことを」って言うしね。みんなブラスター止めるの好きだな…。高速移動シューズという裏技を隠し持っており、これにはきっとカイロ・レンもびっくりですよ。

主人公のエフの声を演じているのは、ドラマ『ザ・ボーイズ』でおなじみの“福原かれん”です。

スポンサーリンク

S1-5「九人目のジェダイ」

第5話「九人目のジェダイ」は「Production I.G」の制作。『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』の“神山健治”が監督。

設定的には『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』以降の世界。マスターレス・ジェダイたちがジェダイ騎士団の復活を目指すジューロから通信を受けて集まるとそこには陰謀が…。基本的に「シスの掟」というルールがあり、シスは師弟一組しか持てないのでむやみやたらに増えないのですが、今作はその裏をついて赤いライトセーバーがズラっと並ぶ恐怖を演出。希望はセーバー職人の娘であるカーラに託されることに…。続きを期待したくなる王道の始まりでした。

カーラの声はドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の“キミコ・グレン”、ジーマの声は『シャン・チー テン・リングスの伝説』も大ヒットした“シム・リウ”が演じています。

スポンサーリンク

S1-6「T0-B1」

第6話「T0-B1」は「サイエンスSARU」の制作。監督は『DEVILMAN crybaby』で絵コンテを担当した“アベル・ゴンゴラ”

多くのエピソードで「和」を押し出す中、こちらは“手塚治虫”スタイルでアプローチ。人型アンドロイドがジェダイになることを夢想するというファンタジックな出だしで始まり、運命に直面していく熱い展開。等身大の無垢なジェダイの誕生を描いていました。

それにしてもこのエピソードは新鮮でしたね。ドロイドのジェダイというのも面白いですし、「スター・ウォーズ」定番の効果音に合わさりながら、ぴょこぴょこした効果音が重なってどことないポップさ。「サイエンスSARU」の得意分野が輝いていました。

スポンサーリンク

S1-7「The Elder」

第7話「The Elder」は「トリガー」の制作。『新世紀エヴァンゲリオン』で演出を務めた“大塚雅彦”が監督。キャラクター原案は漫画「とんがり帽子のアトリエ」でアイズナー賞を受賞した実績を持つ“白浜鴎”

このエピソードは『エピソード1』の前を描いており、ジェダイマスターのタジンとパダワンのダンが辺境の惑星を旅する中で、不吉な闇の力に遭遇し、これから起きるであろうシスの復活の気配を感じ取るという、かなり意味深なストーリー。「力が全てではない」とジェダイの本質を教える姿が印象的(まあ、この後にジェダイさんたちは大変な失敗をしでかすのですが…)。

なお、このタジンの声を任せられているのは『ブラック・ウィドウ』でも愛嬌を振りまいていた“デヴィッド・ハーバー”。良かったね、ジェダイになれるなんてキャプテン・アメリカよりもスゴイよ。

スポンサーリンク

S1-8「のらうさロップと緋桜お蝶」

第8話「のらうさロップと緋桜お蝶」は「ジェノスタジオ」の制作。『映像研には手を出すな!』の演出や『呪術廻戦』のED作画を務めた“五十嵐祐貴”が監督デビュー。このエピソードでも絵がよく動きます。

惑星タオではもともとの住民は強制労働者として使役されており、そのひとりだったロップお蝶に気に入られて妹分に。7年後、お蝶とその父・弥三郎は帝国の支配を受け入れるかどうかで対立。ロップは板挟みになりながら、伝家の宝刀を託されて、ジェダイとして開花していく…というお話。日本の和の文化とケモノ要素がミックスした実に日本のアニメらしいテイストでした。

ロップの声を演じているのは『好きだった君へのラブレター』の“アンナ・カスカート”です。ちなみに弥三郎の日本語吹き替えを担当するのは北海道のローカル番組『水曜どうでしょう』のチーフディレクターとしておなじみの“藤村忠寿”なのですが、すっかり声優として立派に仕事しているんだなぁ…。

スポンサーリンク

S1-9「赤霧」

第9話「赤霧」は「サイエンスSARU」の制作。『ピンポン THE ANIMATION』で副監督を務めたりしている“チェ・ウニョン”が監督。

姫であるミサは裏切りによって家を滅ぼされてしまい、その敵討ちに向かう中で、ツバキと遭遇。ツバキというキャラクターが辿っていく物語の運命は…。このエピソードではライトセーバーの描き方が独特で新鮮でしたね。物語自体も非常に抑えた作りです。

英語音声の声優陣は豪華でした。ツバキを『クレイジー・リッチ!』の“ヘンリー・ゴールディング”、ミサを『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』の“ジェイミー・チャン”が演じています。“ジョージ・タケイ”の声を「スター・ウォーズ」で聞けたのは嬉しかったです。

『スター・ウォーズ ビジョンズ』
ROTTEN TOMATOES
S1: Tomatometer 94% Audience 79%
IMDb
8.1 / 10
シネマンドレイクの個人的評価
6.0
スポンサーリンク

関連作品紹介

『スター・ウォーズ』関連作品の感想記事です。

・『スター・ウォーズ バッド・バッチ』

・『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ / 反乱者たち』

・『マンダロリアン』

作品ポスター・画像 (C)Disney スターウォーズ ビジョンズ

以上、『スター・ウォーズ ビジョンズ』の感想でした。