シネマンドレイク:映画感想&レビュー

映画の感想&ちょっとした批評をなんとなく書き綴っています。前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。
DVDスルー映画やNetflixオリジナル作品の感想も多め。

     

    紅き大魚の伝説
    Netflix映画『紅き大魚の伝説』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    英題:Big Fish & Begonia
    製作国:中国 
    製作年:2016年 
    日本では劇場未公開:2018年にNetflixで配信 
    監督:リャン・シュエン、チャン・チュン 
    続きを読む

    最悪の選択
    Netflix映画『最悪の選択』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    原題:Calibre
    製作国:イギリス 
    製作年:2018年 
    日本では劇場未公開:2018年にNetflixで配信 
    監督:マット・パーマー 
    続きを読む

    オーシャンズ8
    映画『オーシャンズ8』(オーシャンズ・エイト)の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    原題:Ocean's 8 
    製作国:アメリカ  
    製作年:2018年 
    日本公開日:2018年8月10日 
    監督:ゲイリー・ロス 
    続きを読む

    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』(ミッションインポッシブル6)の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    原題:Mission: Impossible - Fallout 
    製作国:アメリカ  
    製作年:2018年 
    日本公開日:2018年8月3日 
    監督:クリストファー・マッカリー 
    続きを読む

    スターリンの葬送狂騒曲
    映画『スターリンの葬送狂騒曲』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    原題:The Death of Stalin 
    製作国:イギリス  
    製作年:2017年 
    日本公開日:2018年8月3日 
    監督:アーマンド・イアヌッチ 
    続きを読む

    インクレディブル・ファミリー
    映画『インクレディブル・ファミリー』(Mr.インクレディブル2)の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    原題:Incredibles 2 
    製作国:アメリカ  
    製作年:2018年 
    日本公開日:2018年8月1日 
    監督:ブラッド・バード 

    【個人的評価】
     星 7/10 ★★★★★★★

    続きを読む

    エクスティンクション 地球奪還
    Netflix映画『エクスティンクション 地球奪還』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    英題:Extinction
    製作国:アメリカ 
    製作年:2018年 
    日本では劇場未公開:2018年にNetflixで配信 
    監督:ベン・ヤング 

    【個人的評価】
    星 5/10 ★★★★★

    続きを読む

    ウインド・リバー
    映画『ウインド・リバー』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    原題:Wind River 
    製作国:アメリカ  
    製作年:2018年 
    日本公開日:2018年7月27日 
    監督:テイラー・シェリダン 

    【個人的評価】
     星 8/10 ★★★★★★★★

    続きを読む

    パーティで女の子に話しかけるには
    映画『パーティで女の子に話しかけるには』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

    原題:How to Talk to Girls at Parties 
    製作国:イギリス・アメリカ  
    製作年:2017年 
    日本公開日:2017年12月1日 
    監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル 

    【個人的評価】
     星 6/10 ★★★★★★

    続きを読む

    2018年7月21日になって時間もたたないうちに、映画ファンをビックリさせるようなニュースがネット中を拡散していきました。残念なことにそれは良いニュースではありませんでした。

    その内容は、マーベルのアメコミ映画である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手がけてきた“ジェームズ・ガン監督”が降板するというもの。

    ジェームズ・ガン監督といえば、シリーズ3作目である『Guardians of the Galaxy Vol.3』の脚本を最近になって完成させたばかりで、撮影に入るという情報が流れたばかり。ジェームズ・ガン監督は、このシリーズだけでなく、今では『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のエグゼクティブプロデューサーを務めるなど、「マーベル・シネマティック・ユニバース」と呼ばれる巨大なプロジェクトの欠かせない主要メンバーでした。

    それが突然の驚天動地。なぜこんな事態になったのでしょうか。続きを読む

    ↑このページのトップヘ